角度やちょっとした拘りでカメラ初心者でもグッと素敵な写真に

最近、一眼レフカメラを所持する方が増えてきましたが、スマホのカメラでも撮影が上手な方っていますよね。
カメラの性能に拘るのも素敵ですが、カメラの種類を問わずにできるちょっとした工夫を紹介します。
写真というのは被写体も勿論ですが、基本的に構図が最重要です。
構図と聞くとちょっと専門的で、小難しいのではないかと身構えてしまう方もいるかもしれませんが大丈夫です。
実は本当にちょっとした工夫に過ぎないのです。
まず、なんでもいいから何か被写体を見つけてください。物でも人でも大丈夫です。
そして最初に真正面からぱしゃりと撮ってみてください。
とても普通の写真が撮れましたよね。それでも素敵ですが少し工夫をしてみましょう。
今度は同じ被写体を左右どちらかに寄せて、どちらかに余白を作って撮ってみてください。
同じものなのになんだか少しだけ意味を持った気がしませんか?
では今度はぐっと被写体に近寄って、被写体のどこか一つ(人であればアクセサリー等)にピントを合わせて、また左右どちらかに余白を作ってみましょう。
どうでしょうか?1枚目から見比べてみるとちょっぴり素敵ではありませんか?
こんな風に自分で素敵な構図を探すのもカメラの魅力であり魔法です。
是非いろんな角度や距離で撮影してみてください。